戸建てに引越し!子供部屋の荷ほどきサポート〈整理収納〉〈お客様事例〉

お客様事例 整理収納 おもちゃ

妊娠中のママに代わって、お子さんと一緒に子供部屋の荷ほどきを一緒に進めていきました。
引越しの荷ほどきって、今後の暮らしやすさを左右するとっても大事な時。

目的を「とりあえずダンボールを空にしていくこと」ではなく、「使いやすいように定位置を決めていく」ことがポイントです。

  • 住まい:一軒家 → 新築一軒家
  • ご依頼のきっかけ:出産までに家を片付けたい
  • ご家族:ご夫婦+中学生&小学生のお子様3名+お腹にbaby+ペット(ウサギ)のご家族

うちも子供いますが、一緒ですね。

母親より、よそのおばちゃんの言葉の方がよく聞いてくれる(笑)

ママのこうしろああしろの注意する声は、子供たちにとってもはや日常的なBGMなんでしょうね~
よそのおばちゃんが声をかけると、テキパキキビキビと動いてくれて、あっという間に場所が決まってダンボールがなくなっていきました。

部屋をまとまった空間として使えるようにベッドの向きを変えました
なんとゴミ袋2袋分のおもちゃが卒業となりました
色味とか高さとか、何気に気を使ってる

ダンボールからおもちゃを出して整理収納を進めていくと、「これもう遊ばない」ってものが大量に出てきました。お母さんが「じゃあなんで持って来たんよ!」って言ってましたが、まさにその通り。

とりあえず引越し屋さんが出発する時間までに荷造りを終えないといけないので、いるいらないの分別まで手が回らず、引越し先に捨てるものまで持ってきてしまうんですよね。その分荷物の運賃かかってるので、もったいないです。自治体が違えば捨て方も違うので、戸惑いますしね。

引越しが分かったら、ぼちぼちでも荷造り進めていくと楽ですよー。
引越し前のサポートとして、家全体の定位置マップの作成や、新築 or リフォーム時なら片付けと同時に間取りの相談にものっていますので、お困りの時はお声がけください。

お客様事例 整理収納 おもちゃ

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

  • URLをコピーしました!
内容 一覧