プロフィール|大西めぐみ【大阪で一級建築士が教える暮らしやすい家づくり】

住まいの仕組みから頑張らなくていい暮らしをあなたに

Room Designing Lab.代表
大西 めぐみ

ルームデザイニングラボ代表大西
MEG

保有資格

一級建築士
カラーコーディネーター1級「環境色彩」
整理収納アドバイザー1級
建築施工管理技士2級
福祉住環境コーディネーター2級
危険物取扱者乙4種

経歴

大学院卒業後、モデルルームやショールームの店舗設計及び施工管理を経験。その後転職し、某上場企業の不動産管理部門で事務所や社員寮、保養所の新築計画からオフィスのリニューアルに関わる設計監理に加え、建築設備の修繕や賃貸借管理などのビル管理などにも携わる。特に内装デザインやレイアウトには定評があった。

日常的に頼れる大人がいない共働き家庭の母親として仕事との両立に苦しみ、家も心も荒れる中で出会った整理収納サービスで楽に生活を回しやすくなったことを機に、間取りと整理収納の両方から家の仕組みを整える大切さに気付く。職場でも家でも忙しくする方の負担を軽くし、毎日の余裕を増やすお手伝いをしたいとの思いから起業する。

本人の特徴

  • 大阪府八尾市在住の未就学児と小学生の2児の母。夫は仕事で不在がち&家では廃人。
  • 早口でよく聞き返される。そして歯に衣着せぬ発言の出現率高め。
  • 本来は面倒くさがりのずぼら人間。ゆえに楽して同じ結果を得るための努力は惜しまない。
  • 太りだしたのが最近の悩み。
大西めぐってどんなひと?

この仕事についたきっかけ

結婚した当初はフルタイムの共働きでしたが、大人だけの2人暮らしでは仕事の後に買物や家事をしても毎日少なくとも1時間以上自分の時間がありました。この時期は新婚ほやほやなこともあり、夫の身の回りの事も楽しくやっていました。(もはや遠い過去という感じですが 笑)

しかし、子供が生まれて仕事に復帰した頃からだんだん生活は回らなくなり、常にピリピリしていたように記憶しています。

子育てと片付け

例えば食事1つとっても、小さい子供たちとの食事は本当に大変。なかなか食べない。しかもすぐにポロポロ食べこぼし、お茶を倒して服も床もビショビショ。着替えさせて、掃除して、なだめて食べさせてと、大人同士の時には考えられなかった手間と労力がかかり、時間は刻々と過ぎていきます。

それでも次の日に影響する最低限の家事はその日にやるしかなく、相手してほしいと甘える子供に向かって「ちょっと待ってね」「今忙しいから後でね」を何度も繰り返していました。

しかもその家事をしている間に、休憩時間を削って片付けた部屋を子供達が景気よく散らかしていました。子供たちの創造性を伸ばすためには自由に遊ぶことは大事だと知っていても、一瞬で荒れた部屋に戻ってしまう現実に、自分の努力は何だったんだとやるせない気持ちになりました。

MEG

そんな散らかった部屋では探しものが見つからずイライラする事も多々ありました。

自分のものだけならまだいいですが、子供や夫にまで「ママ、ない~」「探して~」と捜索を要請されました。私が探すと大体すぐ見つかるので家族は気軽にお願いしてきますが、毎日ジャグリング状態の自分にとっては“たった数分”の手と時間をとられたことですら、般若の顔になるには充分でした。

朝は遅刻するかもしれないと焦り、帰ってきてからも一息つく間もなく朝の片付けに夕飯づくり、お迎え、お風呂、寝かしつけ、プラス家族4人分の家事。

朝早くから夜遅くまで働く夫のしんどさを頭では理解しつつも、家事と育児をほぼ一任し、さらには食べたらそのまま、買った物は中身だけ出して梱包材はその辺に捨て置くなど、両立の難しさを理解せずに手間を増やす彼の姿に、私も働いているのに!と不満爆発。

常にスキルアップを求められる会社員としての責任は同じなのに、「なんで私ばかり家族の世話してるの?」と不公平感を募らせていました。

「顔怖いで」のセリフに”誰のせいやねん”とますます不機嫌になり、さらには子供にも些細な事で怒鳴ることが増えてしまい、子供に申し訳なく思うと同時に理想の子育てとはほど遠い自分の姿に自己嫌悪していました。

MEG

ネガティブな感情ばかりですね💦
保育や家事代行のサービスがあることを考えると、子育て中のママは過労死レベルの長時間勤務と言っても過言ではないのかも。

そんな時にこんな汚い家を他人を入れるなんて…と恥ずかしく思いながらもストレス限界。藁にも縋る思いでお願いした家事代行で整理収納アドバイザーという資格を知りました。

これが1つめのきっかけです。

正しい知識で家は片付く

持ち物を見直し定位置を作るだけで、散らかりにくく家族にも分かりやすい収納になることを教えてもらい、日々の家事がスムーズになった時の驚きと感動は今でも忘れられません。

片付けにお金払うなんて、と思っていた過去の自分に正座させて説教したいです。

また、自宅で整理収納を実践していく中で、家事がしやすい、散らかりにくい、労力のかかりにくい間取りがあることにも気付きました。

これが2つ目のきっかけです。

同じマンションの他のお部屋の図面を中古販売サイトで拝見しましたが、何度見てもやっぱり我が家のプランは、群を抜いて家具レイアウトが難しい間取り。しかも家事動線が長く、収納が少なく、ただ通るだけの廊下の割合が多い。

この間取りには今も不満はありますが、身をもって知れたのは大きな収穫だと思っています。

起業への思い

プロフィール これから家づくりを整えたい方へ
  • これからお家を選ぶ方
  • 今のお家をどうにかしたい方
  • お部屋の雰囲気を良くしたい方

住まいに対して様々なステージのお悩みを抱えている方は多いと思います。

私自身、家に誰かを招きたいけど汚すぎて無理、むしろ片付ける時間があったら休みたい、なんてずっと悩んでいました。

でも今は、
ライフスタイルに合った生活動線の間取りと適正な収納計画があれば、確実に日常は楽になる。そう確信しています。

私が経験してきたことを伝えることで、何か力になれる事があるんじゃないか、
ママ自身が毎日の暮らしを楽しめると、自然と全てが上手くいくんじゃないか、
誰かを招きたくなる居心地の良い空間は、心を軽くするんじゃないか、
そのような考えから困っている方を助けたいと思い、会社を辞めて起業しました。

小さな個人事業主だからこそ、それぞれのお困りごとに柔軟に合わせ、寄り添えると思っています。

積もり積もったお片付けを1人でリセットするのは大変です。
玉石混交の情報があふれる中で住まいのあれこれを一から調べるのも大変です。
ぜひ頼ってください。

仕組みがあると、キープが楽になります。
理論を知ると、自然と行動が変わります。

頑張らなくていい生活を手に入れるためのお役に立てると嬉しいです。

ママにこそお茶する時間を

―忙しいママこそ、お茶する時間を。
―家族で家事を分け合える環境を。

内容 一覧