こんなウォークインクローゼットは後悔する!《間取り相談》

ウォークインクローゼット。たくさん収納できそうだし、あると便利そう。

そう思った方、ちょっと待ってください。
と安易に「大きい収納があるから大丈夫」と安心すると、後悔する場合があります。

それは…洋室の1畳程度のウォークインクローゼット。

なんでかっていうと、

使えへん部分多い

“ウォークイン”なので、当然人が入ることが想定されており、その部分に物を置くことはできません。

1畳程度の小さいサイズの場合、その人が立つ場所が占める割合が大きくなります。

つまり、元々広くない収納面積なのに、空間の6割程度しか活用できない、という追い打ちをかけられます。

奥の方取れへんやん

また、このサイズの場合L型になっていることが多いんですが、奥のコーナー部分はモノで阻まれて非常に取り出しにくいです。

ここもデッドスペースか、死蔵品置き場になります。

ハンガー掛けられへん。

そしてそして、実際に服をかけた場合、ハンガーの分せり出しますので、パイプが交差している部分はハンガー同士が干渉し、服をかけられません。

かけたとしても、手前の服で見づらく取り出しにくいです。

この部分は床に直置きするにもハンガーをかけるにも、使いにくい部分、ということです。

じゃあ、どうしたらええねん!?ってことですが、
1畳程度の広さしかクローゼットが取れないのなら、壁面クローゼットにすべし!!

わざわざ収納の中に人が立つスペースを作らずとも、そのクローゼットの前に立つ通路が必ずあるので、そこを兼用すれば十分です。

オフシーズンの布団とかクリスマスツリーとかの大物をしまいたいから、壁面クローゼットじゃ入らない!広い場所が欲しい!という場合は、廊下に納戸があると便利です。なんで廊下かというと、オフシーズン物とか年に1回2回しか使わない物を、毎日使う部屋の、毎日使うクローゼットに入れなくてもいいんじゃない?という理由からです。

ウォークインクローゼットに憧れてるからどうしても作りたい!という場合は、の通路の両側に収納があるタイプがおすすめです。

1通路で2収納、一人二役。

空間を無駄なく使えます。

こういうやつ

とかなんとか、偉そうに収納について語ってきましたが、我が家のウォークインクローゼットはまさにこの1畳タイプのもの(オイ)。どうにか使いやすくしようと日々研究中です。


“建築系ではない” “家事をしない”夫が私に一切相談せずに購入したマンションに住む建築士の私。あまりにも使いにくくて、家が荒れ放題になった経験から、整理収納を学びました。子育て主婦だからこそ、収納を勉強したからこそ気付く家づくりの「おや???」があります。

そのツッコミどころ満載な自宅の残念ポイントを、今後もぼちぼちとブログにあげていきますので、ぜひご参考にしていただければ幸いです。

後悔を減らす間取り相談や、収納チェックも行っていますのでお気軽にご相談ください♪

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

内容 一覧
閉じる